【効果抜群】鼻の黒ずみを1日で取る方法【原因と予防法も解説】

美肌習慣
ケイスケ
ケイスケ

この記事に来てくれてありがとうございます!

どうもケスイケ(@bihadakyositu)です!

 

読者の悩み

  • いちご鼻がコンプレックス
  • 何をしても鼻の黒ずみが改善しない
  • 角栓がポツポツ見えていて恥ずかしい
  • 鼻の黒ずみを治す方法を教えてほしい

このような悩みを「スキンケアアドバイザー日本化粧品検定1級」の筆者が解決していきます。

日本化粧品検定1級

ケイスケ
ケイスケ
いちご鼻で8年以上悩んできた筆者が、鼻の黒ずみケアの全てをお伝えします。
過去と現在の比較

いちご鼻

急ぎの方は鼻の黒ずみを1日で取る方法へどうぞ。

 

広告

鼻の黒ずみの正体とは

鼻の黒ずみの正体とは

ズバリ鼻の黒ずみの正体は、毛穴に詰まった角栓が酸素に触れて黒くなったモノです。

そもそも角栓は、こんなに目立つモノではありません。手の甲などにも、目に見えない角栓がいっぱいあります。

 

しかし毛穴の周辺に小さな炎症ができると、毛穴が詰まりやすくなり、角栓が上手く排出されなくなるんです。

ケイスケ
ケイスケ
なるほど。毛穴のダメージが角栓を詰まらせて、鼻の黒ずみを作っているんだな。

 

鼻の黒ずみって、想像以上に目立つ…(泣)

 

鼻の黒ずみができる原因

鼻の黒ずみができる原因

鼻の黒ずみは、毛穴へのダメージが原因ですが、特にこの3つが危険です。

  • 角栓を押し出す
  • 皮脂の過剰分泌
  • 色々なスキンケアのやりすぎ

それぞれ深掘りしていきます。

【鼻の黒ずみ原因】角栓を押し出す

角栓を押し出す

角栓を押し出した直後は、鼻の黒ずみが無くなってスッキリしますが、癖になるとオワリです。

なぜなら、次のようなデメリットがあるから。

  • 鼻全体が赤くなる
  • 24時間以内に角栓は復活する
  • 毛穴の負担になり黒ずみが悪化

鼻から「ニョキニョキ」っと角栓が出てくると、ついつい楽しくて癖になりますよね。

ケイスケ
ケイスケ
これは一時的に鼻の黒ずみがキレイになるんだけど、全く無為な行為なんだ。

 

実際に相談してくれた方は角栓を爪で押し出すのが癖らしくて、すごく後悔してました▼

角栓を押し出す

 

ちなみに僕も中学生の時ハマってしまい、マジで後悔。

 

鼻の黒ずみ原因】皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌

皮脂の分泌が多い脂性肌の方は、鼻の黒ずみが作られやすいです。

元々角栓は、皮脂と角質が混ざり合ったモノ。だから皮脂の分泌量が多いと、角栓がグングン育って詰まりやすくなるんです。

 

ホルモンバランスの関係で、皮脂量が増えてしまった方も同じですね。
ケイスケ
ケイスケ
いつも顔がベタついてる場合は、皮脂の過剰分泌を疑ってみよう。

 

注意点は、皮脂が気になっても拭き取らないことです。

 

【鼻の黒ずみ原因】色々なスキンケアのやりすぎ

色々なスキンケアのやりすぎ

ありとあらゆる鼻の黒ずみケアを取り入れた結果、逆に悪化してしまったパターンです。

実は、毛穴っていじればいじるほど悪化するケースがほとんど。

 

例えば、毛穴の黒ずみで僕に相談してきた方のスキンケアを見てましょう▼

スキンケアのやりすぎ

  • DUO
  • ホホバオイル
  • オバジの酵素洗顔
  • 化粧導入液
  • 松山油脂化粧水
  • デイパック
  • 艶肌ドロップ
  • オバジC10
  • 乳液

この方は、ケアをすればするほど黒ずみが悪化するようで、かなり苦しんでました。

 

ケイスケ
ケイスケ
そうかあ。スキンケアも、たくさんすれば良いってもんじゃないんだな。

 

鼻の黒ずみ悪循環はホント危険。

 

鼻の黒ずみが除去できない理由

鼻の黒ずみが除去できない理由

黒ずみが取れない理由は、角栓にタンパク質が含まれているから。

先ほども触れたように角栓は、

  • 皮脂の脂質成分
  • 角質のタンパク質成分

が合体したモノです。

 

もし皮脂汚れだけなら、いつもの洗顔で簡単に落ちます。しかしタンパク質成分は、普通の洗浄剤だと流しきれず残ってしまうんです。

 

ケイスケ
ケイスケ
酵素洗顔でタンパク質を分解しようとすると、刺激が強いので肌が弱い人には向いていません。

その結果、どんどん角栓が溜まってしまい、鼻の黒ずみが目立ってしまうんです。

 

だから長年悩まされるのか。厄介だな…。

 

鼻の黒ずみを1日で取る方法

鼻の黒ずみを1日で取る方法

ここでは、お風呂でできる鼻の黒ずみを1日で取る方法について紹介します。

ケイスケ
ケイスケ
僕が1番効果を実感したケア法で、敏感肌でもOKです。

準備する物はこちら▼

鼻の黒ずみを1日で取る方法

  • オイル
  • コットン
  • 蒸しタオル
  • 普段の化粧水
  • ビタミンCの化粧水(任意)

 

そして6つのステップがあります。

  • 蒸しタオルで毛穴を広げる
  • オイルでマッサージ
  • 時間をあけて洗顔
  • 皮脂を優しく押し出す
  • しっかり保湿
  • ビタミンCを塗布(任意)

それぞれ深掘りしていきましょう。

 

【鼻の黒ずみを1日で取る方法】1.蒸しタオルで毛穴を広げる

蒸しタオルを用意

クレンジングで化粧を落としたら、蒸しタオルを鼻に当てて、十分に毛穴を開きます。
ケイスケ
ケイスケ
蒸しタオルは、浴槽のお湯を使えばOK。

1,2分経ったら、乾いたタオルで鼻の水気をしっかり拭き取りましょう

 

【鼻の黒ずみを1日で取る方法】2.オイルでマッサージ

オイルでマッサージ

美容オイルを鼻に塗り、お湯に浸かりながら、優しく鼻をマッサージします。

使うオイルの量は500円玉くらい▼

オイルでマッサージ

このステップで、ポイントが2つあります。

  • 無印のスウィートアーモンドオイルを使う
  • 鼻を指でクルクルするイメージ

 

まずポイントの1つ目、オイルは無印のスウィートアーモンドオイルが使いやすいです▽

スウィートアーモンドオイル

なぜならアーモンドオイルはマッサージに適しており、柔らかい肌に整えてくれるから。

  • 敏感肌でも使える低刺激
  • 税込690円のコスパ最強アイテム
  • 顔だけでなく髪や全身にも

隠れた万能アイテムなので、揃えてみてはどうでしょうか。

 

そしてポイントの2つ目は、マッサージの仕方です。

手にお湯をつけつつ、指で鼻周りをクルクルしながら、マッサージしてあげましょう。力はいれずに、優しさを意識してください。
ケイスケ
ケイスケ
皮脂がオイルで溶かされて、後に黒ずみが落ちやすくなります!

 

【鼻の黒ずみを1日で取る方法】3.時間をあけて洗顔

時間をあけて洗顔

5分~10分くらい、湯船に浸かりながらマッサージをしたら、いつも通り洗顔します。

鼻の黒ずみに効果的な洗顔方法はこちら。

  • しっかり泡立てる
  • 泡を顔に乗せるように
  • 30℃前後のぬるま水に調整
  • 水圧弱めのシャワーで洗い流す

手のひらや指先でゴシゴシしなくても、十分キレイになります。

 

【鼻の黒ずみを1日で取る方法】4.皮脂を優しく押し出す

皮脂を優しく押し出す

お風呂から上がったら、化粧水をたっぷり含ませたコットンで鼻をはさみ、優しく皮脂を押し出します。
ケイスケ
ケイスケ

今回採用した「シルコット」は2枚に裂けられるから、使いやすくてオススメ!

 

コットンに化粧水を含ませて▽】
コットン

2つに分けて鼻をはさむ▽】

コットン

 

「え、角栓を押し出して良いの?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

なぜならオイルによって皮脂が溶けており、弱い力でも簡単に押し出せるから。
ケイスケ
ケイスケ
つまり強い力で毛穴に負担をかけなければ、押し出しても良いってわけか!

 

【鼻の黒ずみを1日で取る方法】5.しっかり保湿

しっかり保湿

角栓を押し出した鼻の部分を中心に、念入りに保湿してあげましょう。

ここで保湿をサボってしまうと、肌が乾燥して皮脂が大量に分泌。それが角栓の原因になり、また鼻の黒ずみを作ってしまいます。

 

ケイスケ
ケイスケ
化粧水を押し込むように、じっくりハンドプレスしながら保湿をしよう。

 

【鼻の黒ずみを1日で取る方法】6.ビタミンCを塗布(任意)

ビタミンCを塗布(任意)

ビタミンCには皮脂抑制の効果があるので、鼻にビタミンCの美容液を塗ると黒ずみ予防にもなります。

このケアはオプションですが、余裕がある人はぜひ取り入れてほしいです。

なぜなら今は黒ずみを取っただけで、また復活する可能性があるから。

なので根本的に鼻の黒ずみを克服するには、以下の3つを徹底することです。

  • 丁寧な保湿
  • ビタミンCで皮脂抑制
  • オイルマッサージで黒ずみ除去
ケイスケ
ケイスケ
後ほど、具体的にどんなアイテムを使えば良いのか解説します!

 

色んな方法を試しましたが、これが効果抜群!

 

鼻の黒ずみを悪化させるNG行為

鼻の黒ずみを悪化させるNG行為

鼻の黒ずみを悪化させる行為は、こちらの4つです。

  • ピンセットで抜く
  • ピーリング剤
  • 毛穴パックでケア
  • 毛穴ブラシ

それぞれ深掘りしていきます。

 

【鼻の黒ずみ悪化】ピンセットで抜く

ピンセットで抜く

ピンセットは毛穴周辺を傷つけて炎症を起こすので、鼻の黒ずみが悪化します。

鼻の黒ずみは、毛穴の炎症によってターンオーバーが促進され皮脂が詰まることで作られるんです。

 

一時期には角栓が無くなるかもしれませんが、必ず復活します。

たしかに今は角栓専用のピンセットが売られていますが、慣れていない人がやると刺激を与えるだけ。

 

ケイスケ
ケイスケ
あまりオススメはしませんし、僕も2度とやりません!(1回だけ試した)

 

気持ち良いけど、自殺行為ですね。

 

【鼻の黒ずみ悪化】ピーリング剤を塗る

ピーリング剤

ピーリングは敏感肌にとったら刺激以外の何者でもないので、やらない方が良いでしょう。

ピーリングとは、肌の表面に溜まった古い角層を取り除くケアで、

  • 毛穴の詰まり
  • 肌のゴワつき
  • ガサガサ感

これらにアプローチしてくれます。

 

鼻の黒ずみは毛穴がふさがり角栓が詰まっている状態なので、ピーリングも悪くはありません。

ケイスケ
ケイスケ
だけど、やっていいのは肌が強い人限定!

 

敏感肌の人がピーリングをすると、ヒリつきや赤みが目立って、別の肌トラブルを起こすこともあります。

 

万人受けはしない方法ですね。

 

あまり変わったことはしない!

 

【鼻の黒ずみ悪化】毛穴パックでケア

毛穴パックでケア

毛穴パックは本当にダメ…

毛穴パックは、水分を吸収して固まるポリマー成分によって、毛穴の角栓を無理やり剥がすアイテムです。

 

しかし剥がす時に、角質へ強いダメージを与えてしまうので、やればやるほど黒ずみが悪化していきます。

毛穴パックは肌が強い弱い関係なく、やめておくのが無難ですね。

 

これ、本当に売っちゃダメなレベル。

 

【鼻の黒ずみ悪化】毛穴ブラシでケア

毛穴ブラシ

毛穴ブラシは肌の刺激になり、雑菌が繁殖するおそれもあるので、オススメしません。

毛穴専用の洗顔ブラシとやらが売っていますが、全く変わりませんでした。笑

ケイスケ
ケイスケ
最初見たときは、めっちゃ画期的だと思ったんだけどな。

 

むしろ使えば使うほど

  • 肌表面がかゆくなる
  • ブラシが臭くなる
  • 赤みが出る

こんな感じで、デメリットしかありませんでしたね。値段もまあまあするので、正直買わなくて良いかと。

 

今まで5本くらいのブラシ試した僕が断言します。

 

鼻の黒ずみを予防する方法

鼻の黒ずみを予防する方法

鼻の黒ずみを予防する方法は、こちらの4つ。

  • 紫外線対策
  • 毛穴に刺激を与えない
  • セラミドで保湿ケア
  • ビタミンCで皮脂抑制ケア

それぞれ深掘りしていきます。

 

【鼻の黒ずみ予防】紫外線対策

紫外線対策

紫外線によって毛穴周りにメラニンが沈着すると、鼻の黒ずみがより一層目立ってしまいます。

つまり紫外線対策を怠ると、角栓による黒ずみとメラニンによる黒ずみのWパンチを受けます。

 

こうなるとキレイな鼻に戻るまで、かなりの時間と労力が必要です。

ケイスケ
ケイスケ
特に鼻は他の部位より高いから、紫外線の影響を受けやすい!

 

若いうちはメラニンの影響なんて感じないかもしれませんが、365日紫外線対策をするのが良いでしょう。

 

紫外線対策は美肌のキホン!

 

【鼻の黒ずみ予防】毛穴に刺激を与えない

毛穴に刺激を与えない

とにかく毛穴は触らない、ダメージを与えない、刺激を避ける、これにつきます。

僕たちって、生まれた瞬間から鼻の黒ずみに悩んでいたのでしょうか。

 

決してそんなことはありませんよね。

いじればいじるほど鼻の黒ずみが悪化してしまった方も多いはず。

「気になるのに触っちゃダメ」とか言われるのは苦しいですが、まずは毛穴に刺激を与えないのが基本

ケイスケ
ケイスケ
ここを乗り越えたら、すんなり改善していくから、ホントに!!

自分は毛穴をいじりすぎていないか、今1度確認してみよう。

  • 手で角栓を抜いていないか
  • 化粧品を塗りすぎていないか
  • ゴシゴシ洗っていないか
  • テカリを拭いていないか
  • 力強く鼻をしぼっていないか

 

毛穴は触られるのがキライなんです。

 

【鼻の黒ずみ予防】セラミドで保湿ケア

セラミドで保湿ケア

鼻の黒ずみを予防するためには、セラミドが配合された化粧水または美容液一択です

毛穴をいじってもないし、優しく扱っているのに鼻の黒ずみが治らない方。

 

それは乾燥による皮脂の過剰分泌が原因かもしれません。

肌が乾燥→皮脂を分泌して肌を守る→毛穴に詰まりやすくなる→鼻の黒ずみ

なので肌の乾燥にアプローチできれば、鼻の黒ずみは一気にできなくなります。

 

ケイスケ
ケイスケ
セラミドは、乾燥肌の救世主。圧倒的な保湿効果で、もっもちの肌へ導いてくれます。
【エトヴォスの超人気美容液】化粧品のプロが口コミと効果を解説
【エトヴォスの超人気美容液】化粧品のプロが口コミと効果を解説
読者の悩み モイスチャライジングセラムの効果って? 乾燥肌やニキビにも使えるって本当? どの口コミを信じたら良いのか分からん! 美容液を使った人の感想が知りたい.....

 

ここまで解説してくれる記事は少ないので、「黒ずみなのに乾燥対策??本当??」と思うかもしれません。

しかし乾燥による皮脂の過剰分泌をどうにかしないかぎり、永遠に鼻の黒ずみは作られ続けます。
ケイスケ
ケイスケ

一度、本気の乾燥ケアをしてみてはどうでしょうか。

 

セラミドで救われた人は多いですね。

 

【鼻の黒ずみ予防】ビタミンCで皮脂抑制ケア

ビタミンCで皮脂抑制ケア

先ほどのセラミドケアに加えて、ビタミンCを使うのも鼻の黒ずみに有効ですね。

なぜならビタミンCは、角栓の原因である皮脂の過剰分泌を抑えてくれる働きがあるから。

 

例えば、鼻の黒ずみで悩んでいる人で

  • 鼻周りがテカっている
  • 触るとベタつく
  • 油拭き取り紙をよく使う

こんな症状が当てはまるなら、ビタミンCのケアは非常に効果を発揮するはず。

 

有名なのは「メラノCC化粧水」ですね▼

メラノCC

いつもの化粧水の前に、テカリが気になる部分に軽くつけるだけ。

 

ケイスケ
ケイスケ
余分な皮脂が抑えられスベスベ肌になるので、鼻の黒ずみ改善が期待できます。

 

僕はセラミド×ビタミンCで、鼻の黒ずみとおさらばできました。

 

鼻の黒ずみよくある質問

鼻の黒ずみよくある質問

鼻の黒ずみに関して、よくある質問がこちら。

  • 酵素洗顔は効果ある?
  • エステでケアしてもらうのは?

それぞれ深掘りしていきます。

 

鼻の黒ずみに酵素洗顔は効果ある?

酵素洗顔はダメですか

ダメではありませんが、やりすぎや敏感肌の人にはオススメしません。

酵素洗顔とは、酵素の力を使うことで、普段のスキンケアでは落としきれない汚れを洗浄することができます。

 

しかし酵素はタンパク質を分解してしまうので、角栓や毛穴汚れだけでなく、角質にも負担がかかるんですね。
ケイスケ
ケイスケ
肌が強い人には効果的だけど、アトピーや敏感肌の人は避けるべき!

 

スペシャルケアにどうぞ。

 

鼻の黒ずみをエステでケアしてもらうのは?

エステでケアしてもらうのは?

自己投資しまくるぜ!!という方は、ぜひ行ってください。

そりゃプロの技は違います。

 

ケイスケ
ケイスケ
下手に自分で試行錯誤するくらいなら、最初からエステティシャンに頼るのが理想!

ただし費用がかかるので、問題はコスパくらいですかね…。

 

エステは最強。余裕があるなら、ガンガン行っちゃいましょう。

 

鼻の黒ずみ対策まとめ

鼻の黒ずみ対策まとめ

今回は、鼻の黒ずみの原因やNG行為、治し方、予防策など、幅広く解説しました。

 

改めて、ポイントをまとめておきましょう。

  • 毛穴のダメージで鼻の黒ずみ悪化
  • 普通の洗顔では落ちない
  • 毛穴パックは厳禁
  • オイルマッサージで優しくケア
  • ビタミンCの美容液があるとGood
  • 紫外線対策はキホン
  • セラミドの保湿ケアで黒ずみ予防
  • とにかく毛穴は触らない

鼻の黒ずみは、負のスパイラルに入っちゃうとマジで厄介です。すぐには効果が出ないかもしれませんが、できることから少しずつ始めていきましょう。

 

また個別に相談したい方は、下記の公式LINEからお気軽にどうぞ!

1人1人のメッセージに対して、僕の経験を踏まえながら丁寧に返信いたします。

ケイスケ
ケイスケ
大丈夫!必ず鼻の黒ずみは克服できる!

 

これからも一緒に頑張っていきましょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

美肌習慣
▼無料で美肌コラムを読む 無料で美肌コラムを読む
▼おすすめニキビ跡化粧品【敏感肌用】 ニキビ跡オススメ化粧品
▼おすすめ大人ニキビ化粧品【敏感肌用】 大人ニキビオススメ化粧品
▼ニキビ・ニキビ跡の克服ストーリー ニキビ・ニキビ跡歴10年のストーリー
広告
男の美肌教室
タイトルとURLをコピーしました