眉間の化粧ノリが悪い”7つの意外な理由”とは?対処法もセットで解説!

美肌習慣

この記事では眉間の化粧ノリが悪い”7つの意外な理由”について、日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュの私が徹底解説していきます。

「なぜか分からないけど、眉間だけ化粧ノリが悪い」そう悩んでいる方は、結構います。

よくある原因として保湿不足があげられるんですけど、化粧水をたくさんつけたところで解決はしないんですよね…。

本記事ではその辺りも踏まえて、他サイトでは説明されていないところの深掘りまで、力を入れて説明していきます!

それでは早速始めていきましょう♪

広告

眉間の化粧ノリが悪い”7つの意外な理由”はコレ!

眉間の化粧ノリはが悪い理由は全部で7つあります。

下記のとおりですね。

  • 理由①:セラミド(保湿)が足りていないから
  • 理由②:眉間の油分が多いから
  • 理由③:厚く塗ろうとしすぎているから
  • 理由④:角質が溜まっているから
  • 理由⑤:ムダ毛や産毛が残っているから
  • 理由⑥:清潔なパフを使っていないから
  • 理由⑦:化粧下地とファンデの相性が悪いから

ぶっちゃけ99%の方が、このどれかの理由に当てはまるはずです。

それぐらい徹底的に網羅してあるので、今までどのサイトを見ても参考にならなかった方も、心配入りません。

ということで早速、それぞれの項目を深掘りしていきましょう♪

 

理由①:セラミド(保湿)が足りていないから

これが眉間の化粧ノリが悪い最も大きな理由です。

水分が足りてないのではありません。

水分を肌に維持する力、つまり”セラミド”が足りていないんですね。

ほとんどの人が、たっぷり化粧水をつけたりパックをして保湿していると思います。でも
翌日にもその潤いが維持されているでしょうか?

朝起きてもプルプルな状態なら、全然問題ありません。

ただ「スキンケアの直後は潤ってるけど、結局いつも時間が経ったら乾燥してしまう…」そんな方はセラミドを増やして、保湿力を維持できるよな肌質を作っていきましょう。

例えば、このあたりのアイテムを使っておけば失敗しないですね。

【後悔】ライースリペアをお試しで10日間使ってみた効果がヤバすぎた…
【後悔】ライースリペアをお試しで10日間使ってみた効果がヤバすぎた…
この記事では勇心酒造の「ライースリペアをお試しで10日間使ってみた効果」について、日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュの私が解説します。 ケイスケ 結論から.....

決して安くはありませんが、美容皮膚科やエステに通うことに比べたら、10分の1くらいのコストかと。

短期間で確実に眉間の化粧ノリを改善させたい方は、ぜひお試しあれ。

 

理由②:眉間の油分が多いから

眉間の油分が多いと、化粧ノリが悪いなと感じるかもしれません。

そこで、ここでのポイントは2つあります。

1つ目が、スキンケアや下地を塗った後に、すぐファンデーションをつけないことです。

必ず肌に馴染むまで待つか、ティッシュで余計な油分をオフするようにしましょう!

さらに2つ目は、脂性肌でニキビができやすい方は、さっぱりした化粧水を選ぶのが◎

【最新版】おすすめの大人ニキビ化粧品ランキング【敏感肌向け】
【最新版】おすすめの大人ニキビ化粧品ランキング【敏感肌向け】
大人ニキビが全然治らないんだけど、スキンケアは何を使ったらいいの?   どのランキング見ても順位バラバラだし、どれを信じるべき?   今日は.....

皮脂の分泌量はある程度コントロールできるので、基礎化粧品を見直すことで、グッと改善するかもしれません!

ただし、油拭き取り紙を使っても、一時的に肌の油分を取り除くだけで、時間が経てば元通りです。このアイテムは使わないようにしてくださいね。

 

理由③:厚く塗ろうとしすぎているから

理由③:厚く塗ろうとしすぎているから
眉間にメイクをする際は、結構うっすらで大丈夫です。

ケイスケ
ケイスケ

眉間も頻繁に動く部位ですし、厚く塗り過ぎちゃうとだんだんメイクが落ちてきて、化粧ノリが悪いように感じてしまいます。

したがって、いきなり眉間に粉を付けるのではなく、パフに余った残りをポンポンするだけで十分。

必死でつけようとすればするほど崩れていくので、軽めに終わらせるのがコツですね。

 

理由④:角質が溜まっているから

眉間って意外と洗顔やクレンジングし忘れることが多いんですよね。

なので角質が溜まりやすく、ザラつきが目立ったり、ゴワゴワしたりします。

これを放置したままメイクをすると、メイクが眉間に馴染まず、化粧ノリが悪くなることがあるのです。

ぜひ以下のようなポイントを意識してケアしてみてください!

  • コットンで優しく拭き取る
  • エステサロンでピーリングをしてもらう
  • いつもより丁寧に洗顔&クレンジングを行う

ただ、乾燥肌や敏感肌の人は無理に角質を取ろうとすると、肌が荒れてしまうことも。

心配な方はエステサロンに任せるか、下記のような弱いピーリング剤を使用してみてください!

 

理由⑤:ムダ毛や産毛が残っているから

理由⑤:ムダ毛や産毛が残っているから

眉毛を整えている人は多い思いますが、眉間のムダ毛や産毛まで処理しているでしょうか?

意外と忘れている人、多いと思うんですよね。

ぜひこれを機会に、鏡に近寄って眉間に毛が残っていないか確認してみてください!

もし残っていたら、T字のカミソリではなく電動の眉毛カッターで剃っていきましょう!

 

理由⑥:清潔なパフを使っていないから

パフはこまめに洗っておかないと、化粧ノリが悪くなってしまうリスクがあります。

たしかに邪魔くさいんですけど、ニキビや肌荒れの元にもなるので、できたら1ヵ月に1回は洗いたいところ。

最近では、こんな化粧ブラシやアイシャドウブラシなどの化粧道具を掃除するため小さい洗濯機が話題ですよね。

遊び感覚で清潔にするのがオススメです。

ケイスケ
ケイスケ

ただこんなの買うのすら面倒だったら、頻繁にパフを交換するのもアリかと。

いずれにせよ、とにかくメイク道具は常に清潔な状態をキープしておきましょう!

 

理由⑦:化粧下地とファンデの相性が悪いから

理由⑦:化粧下地とファンデの相性が悪いから
化粧下地とファンデの相性はメチャクチャ大事です。

なぜなら組み合わせによっては、化粧ノリが悪く見えてしまうから。

例えば、化粧下地はマットなのに、ファンデーションはツヤのあるものを使っていたりなど、、。

コスメが好きで色んな組み合わせを研究するのが楽しいのであれば、全然大丈夫です。

 

ケイスケ
ケイスケ

ただし、そこまでコスメに興味がないのであれば、同じブランドのメイクアップ化粧品を選んでおきましょう♪

 

まとめ:眉間の化粧ノリが悪い”7つの意外な理由”

今回は「眉間の化粧ノリが悪い”7つの意外な理由”」について、化粧品のプロが徹底解説してきました。

最後にポイントをまとめておきますね。

  • セラミドを補うのではなく生み出すケアを
  • 決して安くはないがライースリペアは100%失敗しない
  • 肌質によってTゾーンのケアにアレンジをすべし
  • 眉間の角質は放置しがちなので注意!
  • 下地とファンデのブランドを揃えると◎

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました